ページの先頭です

資産運用のポイント

資産運用のポイント。ポイント1、資産運用につかえるお金を見極める。ポイント2、リスクとつきあいながら資産運用をする。

ポイント 1:資産運用につかえるお金を見極める

いまあるお金を、目的別に「3つ」に色分けしてみましょう

いまあるお金を、目的別に「3つ」に色分けした円グラフ。

いまあるお金を「当面の日常生活費として確保しておく資金」、「将来つかう予定の資金」、「使いみちの決まっていない余裕資金」の3つに色分けをします。それぞれのお金の中から、いますぐにつかう予定のないお金を中心に資産運用の資金を考えてみましょう。

色分けしたお金と適した運用方法
当面の日常生活費として確保しておく資金 日常生活で必要な時にすぐつかえるよう、元本保証されていて、すぐに引き出しが可能なもので運用するのに適しています。
将来つかう予定の資金 将来お金が必要なときにつかえるよう、元本保証あるいは元本割れのリスクを極力抑えて、安定的な収益を期待するもので運用するのに適しています。つかう予定の時期によっても、適した運用方法は異なります。
使いみちの決まっていない余裕資金 為替や価格変動などのリスクを許容できる場合には、趣味やレジャーのためにつかえるお金やのこすお金をふやすことを目指して、収益性を追求するもので運用することもできます。

色分けしたお金ごとに適した運用先があります。効果的な資産運用を行うには、3つのタイプのお金の特性を理解したうえで、目的や計画に合わせて運用していくことが大切です。

みずほ銀行では、お客さまのお金をライフプランに応じて色分けするシミュレーションをご用意しています。
くわしくは店頭までお問い合わせください。

ポイント 2:リスクとつきあいながら資産運用をする

リスクとリターンには相関関係があります

リスクとリターンの相関関係のグラフ

*上記はイメージであり、実際の値動きを表したモノではありません。

資産運用では、投資した資金の値動きの幅をリスクといい、収益をリターンといいます。一般的に大きなリターン(収益)が期待できるものはリスクも大きくなり、リスクを抑えようとするとリターンも小さくなるという関係があります。

運用資産は、景気・金利・企業業績などの影響によって異なる値動きをする傾向があります

景気サイクルと資産の動きのイメージ図

資産(株式・債券・リートなど)の価格は、景気・金利・企業業績などの影響によりそれぞれ変動します。景気の回復期に強い「株式」、拡大期に強い「リート」、そして停滞期に強い「債券」。それぞれの特徴をつかんでおくことが大切です。

運用資産を分散、組み合わせることで、景気に左右されにくい運用が期待できます

運用資産を分散、組み合わせた際のイメージ図

出典:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 Copyright ©2017 Ibbotson Associates Japan, Inc.
*上記グラフは、各指数の過去の一定期間における実績を示したものであり、将来の運用成果を予想あるいは保証するものではありません。
*【国内債券] NOMURA-BPI総合指数[外国債券】シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)【国内株式】TOPIX信B当込み)【外国株式)"'6CI コクサイ指数 (グロス、配当込み、円ベース)【国内リート1東証REI廿旨数(配当込み)[外国リート】S&anmp;P先進国RE汀指数(除く日本、配当込み、円ベース)【分散投資シミュレーション1 国内株式・国内債券・外国株式・外国債券・国内リート・外国リートの均等保有ポートフォリオ。ただし、2003年3月末までの国内リート部分は、外国リートを用いて算出しています。

景気動向によって値動きの特徴の異なる株式・債券・リート。異なる運用資産を組み合わせて保有することで、安定した運用効果を見込むことができます。

長期投資により短期的な収益の振れ幅が平準化されます

保有期間別(1年、5年、10年、15年)平均リターン(年率換算値)の最高と最低(1970年〜2016年)のグラフ

出典:イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 Copyright ©2017 Ibbotson Associates Japan, Inc.
*【国内債券I NOMURA-BPI総合指数[外国債券】シティー世界国債インデックス(除く日本、円ベース)1984年12月以前はイボットソン外国債券ポートフォリオ(円 ベース)【国内株式】TOPIXぼ当込み)【外国株式】N\SCIコクサイ指数(グロス、配当込み、円ベース) 【国内リート)東証REIT指数(配当込み)【外国リート】S&P先進国 REIT指数(除く日本配当込み、円ベース)(分散投資シミュレーション】国内株式·外国株式·外国債券・国内債券・国内リート・外国リートの均等保有ポートフォリオ。ただし、1970年1月から1989年7月末までの国内リート部分は国内株式`外国リート部分は外国株式を用いて算出。1989年8月から2003年3月末までの国内リート部 分は、外国リートを用いて算出しています。【4資産均等】国内株式・外国株式・外国債券・国内債券の均等保有ポートフォリオ。

市場は一時的には激しく変動しますが、長期運用では1年ごとの収益の振幅が平準化され、投資期間全体の平均リターンの高低差が縮小し、安定運用につながります。なお、累積的なリターン(10年のリターン等)の差は、短期運用とくらべて拡大することには注意が必要です。

ページの先頭へ