ページの先頭です

「おうち口座」とは?

一緒に暮らしているふたりが、手間をかけずにお金の流れを管理して、着実にためていく方法があります。それが「おうち口座」です。 といっても「おうち口座」という金融商品があるわけではありません。目的に合わせて、いくつかの口座を使い分けるのですが、銀行の総合口座を使えば、通帳は1つですみます(みずほ銀行の場合)。一度仕組みをつくってしまえば、お金の流れがすっきり見えて、確実にお金がたまるすぐれものなのです。

まとめてすっきりおうち口座!

おうち口座の基本のしくみイメージ図

おうち口座の基本のしくみイメージ図

ふたりあわせた目安金額 それぞれの目安金額
こづかい ふたりの月収の10~20% 半分ずつ、またはそれぞれの収入により調整
将来資金 ふたりの月収の10~20% 半分ずつ、またはそれぞれの収入により調整
おうち口座に入れるお金 ふたりの月収の60~80% 月収からこづかいと将来資金を引いた金額
生活資金 ふたりの月収の50~70%
緊急資金 生活資金の3ヶ月分
特別資金 ふたりの月収の10%

「収入」は手取り金額を基準に考えましょう。

関連リンク

「おうち口座」をはじめよう

メールマガジン登録 くわしくはコチラ

ページの先頭へ