ページの先頭です

FPからの応援アドバイス

お金の専門家、ファイナンシャルプランナー(FP)が上手なお金のやりくりの仕方や、自分への投資の仕方などを優しく教えてくれます。これからのあなたの未来へ向けて、役に立つヒントが隠されているかもしれません。

第4回

あなたの家計は大丈夫ですか? 『お金に愛されるために必要な“強い家計”を築くコツ』 メリハリをつけて、お金に愛される家計を目指しましょう! 株式会社エフピーウーマン 代表取締役 大竹 のり子

夢をかなえるためには、お金に愛されることが必要です。

みなさんにはどんな夢がありますか?
「素敵なパートナーと幸せな結婚生活を送りたい」
「いつか小さなカフェを開きたい」
「フランスの田舎をのんびり旅行したい」など、100人いれば夢も100通りあることでしょう。
こうした夢をかなえる近道は、お金に愛されることです。
「人生のパートナーは、お金では買えないでしょ」と思うかもしれませんが、お金に余裕がまったくないギリギリの生活を送っていたら、心にも余裕が持てず、出逢いのチャンスを逃してしまうかもしれません。

お金に愛される、“強い家計”を築くには?

お金に愛されるために、まずは2つの習慣をつけましょう。
1つ目は、毎月の家計を「黒字体質」にするということ。
2つ目は、その「黒字」の一部を、未来に向けて活用していくということ。
この2つが習慣になれば、毎月、お給料日前に預金残高とにらめっこするストレスからも、見えない未来に対して漠然と不安になることからも解放されます。
そして、お金が好循環する“強い家計”を築くことができるのです。

忙しく働く人こそ、節約に優先順位を。

家計を「黒字体質」にするというと「とにかく節約しなきゃ」と思う方も多くいらっしゃいますが、節約には正しい優先順位があります。

  1. (1)家計に占める金額が小さいものより、大きいもの。
  2. (2)効果が持続しないものより、一度手を打てば効果が持続するもの。
  3. (3)我慢が必要なものより、我慢が不要なもの。

この3つの観点からどこを節約すればよいのかを考えていきましょう。
家賃や保険の見直しなどは節約の優先順位の高い代表的なものですが、食費や光熱費などは実は優先順位は高くありません。
忙しい日々だからこそ、無理は禁物です。
便利な家計簿ソフトやスマートフォンのアプリを活用するのも1つの方法です。
節約にもメリハリをつけて、少しずつ黒字体質にしていきましょう。
そして、黒字体質になってきたら、夢やチャレンジしたいことを実現するためにその「黒字」を活用してみましょう。
少しの黒字ではなかなか難しい、というときは「ローン」を活用するのも1つの方法。
まとまったお金を借りて、返済にその「黒字」をあてていけば、黒字体質を維持しながら、夢の実現に向けた第一歩も踏み出せます。

お金に愛される家計を目指し、夢も自分の手でつかめたらうれしいですね。

CHECK! お金に愛される家計への習慣 (1)毎月の家計を「黒字体質」にすること (2)「黒字」の一部を、未来に向けて活用すること

株式会社エフピーウーマン 代表取締役 大竹 のり子

  • ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
  • 一般社団法人金融学習協会理事

出版社の編集者を経て2005年4月に女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」を設立。現在、雑誌、講演、テレビ・ラジオ出演などのほか、『お金の教養スクール』の運営を通じて正しいお金の知識を学ぶことの大切さを伝えている。『なぜかお金に困らない女性の習慣』(大和書房)、『老後に破産しないお金の話』(成美堂出版)など著書は50冊以上におよぶ。

http://www.fpwoman.co.jp/

これまでの応援アドバイス一覧 バックナンバーはこちら