ページの先頭です

3大疾病保障特約付団体信用生命保険

死亡・所定の高度障害状態に加え、3大疾病(悪性新生物(がん)・急性心筋梗塞・脳卒中)に罹患し*1、所定の状態*2となった場合にも、以後の 住宅ローンの債務の返済が不要となる生命保険です。みずほ銀行が保険契約者・保険金受取人、住宅ローンご利用者が保険の対象となり、支払われた保険金*3が債務の返済に充当されるしくみです。

  1. *1罹患とは、3大疾病(悪性新生物(がん)・急性心筋梗塞・脳卒中)にかかった場合をいいます。なお、対象となる悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中の定義については、団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)の申込書類内の「団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)の保険金のお支払いに関する説明」(以下、「お支払いに関する説明」と言います)に記載されています。
  2. *2保険金お支払いの対象となる「所定の状態」については、団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)の申込書類に添付の「重要事項に関するご説明」に記載されています。
  3. *3死亡保険金、高度障害保険金または3大疾病保険金をいいます。

悪性新生物(がん)診断確定(保険金のお支払い)

  • *4免責期間:責任開始日からその日を含めて90日。この間に悪性新生物(がん)と医師により診断確定された場合(90日以内に診断確定された悪性新生物(がん)の90日経過後の再発・転移等と認められる場合を含みます)は3大疾病保険金が支払われません。
  • *5責任開始日:引受保険会社の保険契約上の責任が開始する日。ローン実行日または引受保険会社が加入を承諾した日のいずれか遅い日となります。
  • *6保険期間:ローンのお借入期間。ただし、満年齢が75歳となる日の前日をもって、3大疾病保障特約は終了いたします(主契約部分「死亡・高度障害部分」はローン完済時または満年齢が81歳となる日の前日をもって終了いたします)。

保険金が支払われる場合

  • 保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)*7に罹患したと医師によって診断確定された場合です。
  • 特約の責任開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の急性心筋梗塞*7を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断された場合です。
  • 急性心筋梗塞を発病し、その疾病の治療を直接の目的として、病院または診療所*7において手術*7を受けた場合です(2015年12月1日以降の手術日が対象)。
  • 特約の責任開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の脳卒中*7を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、まひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断された場合です。
  • 脳卒中を発病し、その疾病の治療を直接の目的として、病院または診療所*7において手術*7を受けた場合です(2015年12月1日以降の手術日が対象)。
  • *7保険金のお支払の対象となる「所定の悪性新生物(がん)」、「所定の急性心筋梗塞」、「所定の脳卒中」、「病院または診療所」、「手術」については、「重要事項に関するご説明<契約概要><注意喚起情報>」の「4.保険金が支払われる場合について」(3/9・4/9 項)に記載されています。

〈ご注意ください〉保険金が支払われない主な場合

  • *くわしくは団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)の申込書類に添付の「重要事項に関するご説明<契約概要><注意喚起情報>」をお読みください。

3大疾病保険金が支払われない場合

  • 特約の責任開始日からその日を含めて90日(以下、「90日」といいます)以内に悪性新生物(がん)と診断確定された場合です(90日以内に診断確定された悪性新生物(がん)の90日経過後の再発・転移等と認められる場合を含みます)。
  • 上皮内がん*8の場合、および皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんの場合です。
    • *8上皮内がんとは、がん細胞の増殖が、その発生母体である上皮の基底膜上で、かつ浸潤していない状態をいいます。ただし、大腸においては、上皮の基底膜を越えてはいるものの、粘膜筋板までの中に止まり、粘膜下層にまで広がっていない状態で、かつ、浸潤していない状態をいいます。
  • 特約の責任開始日前に悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定されていた場合です。
  • 特約の責任開始日前の疾病を原因として急性心筋梗塞、脳卒中を発病し所定の状態となった場合です。
  • 「申込書兼告知書」で、告知日現在および過去の健康状態などについて故意または重大な過失により、事実を告げなかったか、事実でないことを告げ、保険会社によりご加入部分が解除され、または3大疾病特約のご加入部分が解除されたとき。
  • ご加入の際に保険契約者または被保険者に詐欺の行為があり、この保険契約の全部またはその被保険者についての部分が解除されたとき。
  • 保険契約者、保険金受取人または被保険者が保険金を詐取する目的で事故招致をした場合や暴力団関係者、その他の反社会的勢力に該当すると認められた場合など、重大事由に該当し、この保険契約の全部またはその被保険者についての部分が解除されたとき。

注意事項

記載の内容は商品の概要を説明したものです。
対象となる高度障害状態、悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中の定義および保険金が支払われない場合等について重要なお知らせがありますので、この生命保険のお申し込みにあたっては、団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)の申込書類および申込書類に添付される「重要事項に関するご説明<契約概要><注意喚起情報>」を必ずお読みいただき、内容をご確認ください。

(登)C17E6174(2017.9.27)③

ページの先頭へ