ページの先頭です

運用商品の見直し

運用を開始した後も、運用環境、年齢、目標の変化にあわせて、適宜、資産を見直すことが大切です。

資産見直しの例

イメージ図

SMART FOLIO 〈DC〉でらくらく運用見直し

SMART FOLIO 〈DC〉には、運用の目標額を設定すると達成状況の継続的な見直しをサポートしてくれるべんりな機能があります(2017年度中に開始予定)。

ご自身のライフプラン等に応じて目標金額を設定し運用をスタートします。スマートフォリオが運用を見守り、運用状況に応じた内容のお知らせメールが届きます。(最大2回/年)スマートフォリオが提示する資産配分のモデルケースを参考に、適宜、運用を見直します。

運用商品見直しの手続き

インターネットおよびコールセンター(電話)でお手続きいただけます。

  • (*)確定拠出年金サービス株式会社が提供します。
配分変更 毎月の掛金で購入する商品とその割合を変更する手続きです。
  • (*)すでに購入済みの商品は変更されません
スイッチング 今持っている(すでに購入済みの)運用商品を売却し、別の商品を購入する手続きです。
  • (*)毎月の掛金で購入する商品は変更されません

イメージ図

配分変更の例

イメージ図

スイッチングの例

イメージ図

毎月の掛金、すでに購入済みの運用商品の両方を見直す場合は、配分変更・スイッチング両方の手続きが必要です。

商品運用サポートツール

スマートフォリオでカンタンに運用見直しができます

iDeCo版 カンタン運用診断・サポートツール スマートフォリオ SMART FOLIO 〈DC〉

くわしい内容のご照会、ご相談は

  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    フリーダイヤル:0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合  045–949–6250[通話料有料]
  • <オペレーターサービス利用時間帯>
    月曜日~金曜日 9時00分~21時00分/土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    (12月31日~1月3日、ゴールデンウィークの一部の日およびメンテナンスの日はご利用いただけません)
    委託運営先 確定拠出年金サービス株式会社

SMART FOLIO 〈DC〉ご留意事項

「SMART FOLIO 〈DC〉」はお客さまのリスク許容度に応じたモデルポートフォリオにそった資産運用のシミュレーション結果をご提示するものです。「SMART FOLIO 〈DC〉」において提示するモデルポートフォリオは、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社が金融工学の理論(現代ポートフォリオ理論等)を活用して、一定の前提のもと、みずほ銀行が正確であると判断した情報(過去の数値等を含む。)に基づき提供させていただいておりますが、将来起こりうるマーケットの変動等が網羅されているわけではなく、その正確性、確実性、完全性や将来の運用成果を保証するものではありません。

このウェブサイトは、みずほ銀行が信頼できると判断した2017年9月29日現在の諸データに基づいて作成しておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。従って、表記された制度概要や想定される主なサービス等については、今後変更となる場合があります。

ページの先頭へ