ページの先頭です

受け取り(給付)

受け取り(給付)について

ご自身が請求手続(裁定請求)を行うことで、年金資産を受け取ることを給付といいます。

給付には次の3種類があります。

老齢給付金

受け取り開始年齢

原則60歳から受け取れます。*1

60歳時点でご加入から10年を経過していない場合は、通算加入者等期間*2に応じて、受け取り開始年齢が定められています。(支給を請求せずに70歳になったときは、一時金を請求いただくことになります)

原則60歳以降 受け取れます 60歳未満 受け取れません

老齢給付金の受け取り開始可能年齢

必要な通産加入者期間 10年以上 8年以上10年未満 6年以上8年未満 4年以上6年未満 2年以上4年未満 1ヵ月以上2年未満 受け取り開始可能年齢 60歳 61歳 62歳 63歳 64歳 65歳

  • *1死亡したり法で定められた障がいの状態になった場合を除き、原則途中で引き出すことはできません。
    一部要件を満たせば例外的に脱退し、脱退一時金を請求できる場合があります。
    くわしくは脱退一時金をご欄ください。
  • *2通算加入者等期間とは、加入者または加入者であった方が60歳に達した時点で、①企業型確定拠出年金加入者期間、②企業型確定拠出年金運用指図者期間、③個人型確定拠出年金加入者期間、④個人型確定拠出年金運用指図者期間の各期間を合計したものです。なお、企業の退職金制度や企業年金制度から資産を確定拠出年金に移す場合(移換といいます)、過去の加入期間(60歳未満の期間に限る)が通算加入者等期間に合算されます。

受け取り方法

給付の請求時に年金一時金の受け取りをご選択いただきます。

(年金と一時金の併用も可能です)

年金で給付を受ける場合、支払い予定期間は5年以上20年以下の年単 位でご指定いただきます。支払い月は以下の中からお選びください。

受け取り回数 年1回 年2回 年4回 年6回
受け取り期月 12月 6月、12月 3月、6月、
9月、12月
偶数月

給付金の支給日は支払い月の20日(金融機関休業日の場合は、翌営業日)です。

障害給付金

法で定められた障がいの状態になったときに、年金または一時金で受け取ります。

受け取り方法は、老齢給付金と同様です。

死亡一時金

加入者が亡くなった場合に、ご遺族が一時金で受け取ります。

お問い合わせ

くわしい内容のご照会、ご相談は

  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    フリーダイヤル:0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合  045–949–6250[通話料有料]
  • <オペレーターサービス利用時間帯>
    月曜日~金曜日 9時00分~21時00分/土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    (12月31日~1月3日、ゴールデンウィークの一部の日およびメンテナンスの日はご利用いただけません)
    委託運営先 確定拠出年金サービス株式会社

このウェブサイトは、みずほ銀行が信頼できると判断した2017年5月1日現在の諸データに基づいて作成しておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。従って、表記された制度概要や想定される主なサービス等については、今後変更となる場合があります。

ページの先頭へ