ページの先頭です

【みずほダイレクト】投資信託の損益に関する表示の変更について

2015年5月6日 水曜日よりインターネットバンキングの「投資信託取引」における損益に関する表示方法が変更となりました。

従来のお取引からの変更点

1.お客さまの購入時から基準日までの解約や分配金も含めた取引全体の損益を示す「運用損益」を表示します。

(1)投資信託メニューの「残高照会」画面から表示したいファンドの「運用損益」を選択する。

変更前

変更前の「残高照会」画面のイメージ

矢印

現在の表示方法

現在の「残高照会」画面のイメージ

(2)表示したいファンドの「運用損益」をクリックしてください。

「運用損益」表示画面のイメージ

(3)選択したファンドの「運用損益」が表示されます。

「運用損益」表示画面のイメージ

2.「残高照会」画面では、税法上の損益計算に使用する取得単価を用いた「評価損益」の表示を行います。

「残高照会」画面の「評価損益」の表示画面イメージ

なお、「残高照会」・「運用損益」画面に表示された「取得単価」・「取得価額」・「評価金額」・「評価損益」および「投資金額」・「分配金受取額」・「解約代金受取額」・「運用損益」は、税額の計算にご利用いただけません。

お問い合わせ先

<みずほダイレクトテレホンバンキング> フリーダイヤル0120–898–324 13# 海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は03–3211–6324 13#[通話料有料]

<受付時間>月曜日~金曜日 9時00分~17時00分

  • *12月31日~1月3日、祝日、振替休日はご利用できません。

(2015年5月6日現在)

ページの先頭へ