ページの先頭です

償還判定(みずほグローバル口座)

お預け入れいただいている特約付き定期預金の、満期日のお受け取り通貨や、適用金利等を判定することを「償還判定」といいます。
「償還判定」は商品種類ごとに下記のとおり行います。

特約付き外貨定期預金(対円取引)(ワンポイント・エクストラ・ロングセーブ)の場合

  • 判定日(満期日2営業日前)の当行公示仲値が、申込日に設定した「判定相場」より円安の場合には、満期日に外貨元利金を「受渡相場」で円転して、円で支払います。
  • 判定日(満期日2営業日前)の当行公示仲値が、申込日に設定した「判定相場」と同一もしくは「判定相場」より円高の場合には、満期日に外貨元利金を円転せず、外貨のまま支払います。

特約付き外貨定期預金(対円取引)(オプションデポ)の場合

  • 申込時から満期日2営業日前の東京時間午後3時00分までの間、実勢為替相場が申込日に設定された「判定相場」より常に円安だった場合には、満期日に外貨元利金を「受渡相場」で円転して、円で支払います。
  • 申込時から満期日2営業日前の東京時間午後3時までの間に、一度でも実勢為替相場が申込日に設定された「判定相場」と同一もしくは「判定相場」より円高になった場合には、満期日に外貨元利金を円転せず、外貨のまま支払います。

特約付き外貨定期預金(クロス取引)の場合

  • 判定日の東京時間午後3時の実勢為替相場が、申込日に設定した「判定相場」より相対通貨安の場合には、満期日に外貨元利金を「受渡相場」で相対通貨に交換のうえ、相対通貨で支払います。
  • 判定日の東京時間午後3時の実勢為替相場が、申込日に設定した「判定相場」と同一もしくは「判定相場」より相対通貨高の場合には、満期日に外貨元利金を預金通貨のまま支払います。

金利特約付き外貨定期預金(為替安定期待型)の場合

特約履行条件判定期間(この預金のお申し込みを当行が受け付け、契約が締結された時点から満期日2営業日前の東京時間午後3時までの期間)中の実勢為替相場により適用利率を決定します。

  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、常にあらかじめ設定した上限相場より円高かつ下限相場より円安の範囲で推移した場合は、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて好金利(特約利率)が適用されます。
  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、一度でも、(1)あらかじめ設定した上限相場と同一もしくは上限相場より円安、または(2)下限相場と同一もしくは下限相場より円高となった場合には、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて低金利(約定利率)が適用されます。

金利特約付き外貨定期預金(為替変動期待型)の場合

特約履行条件判定期間(この預金のお申し込みを当行が受け付け、契約が締結された時点から満期日2営業日前の東京時間午後3時までの期間)中の実勢為替相場により適用利率を決定します。

  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、一度でも、(1)あらかじめ設定した上限相場と同一もしくは上限相場より円安、または(2)下限相場と同一もしくは下限相場より円高となった場合は、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて好金利(特約利率)が適用されます。
  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、常にあらかじめ設定した上限相場より円高かつ下限相場より円安の範囲で推移した場合には、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて低金利(約定利率)が適用されます。

金利特約付き外貨定期預金(円安期待型)の場合

特約履行条件判定期間(この預金のお申し込みを当行が受け付け、契約が締結された時点から満期日2営業日前の東京時間午後3時までの期間)中の実勢為替相場により適用利率を決定します。

  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、一度でもあらかじめ設定した上限相場と同一もしくは上限相場より円安となった場合は、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて好金利(特約利率)が適用されます。
  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、常にあらかじめ設定した上限相場より円高で推移した場合には、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて低金利(約定利率)が適用されます。

金利特約付き外貨定期預金(円高期待型)の場合

特約履行条件判定期間(この預金のお申し込みを当行が受け付け、契約が締結された時点から満期日2営業日前の東京時間午後3時までの期間)中の実勢為替相場により適用利率を決定します。

  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、一度でもあらかじめ設定した下限相場と同一もしくは下限相場より円高となった場合は、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて好金利(特約利率)が適用されます。
  • 特約履行条件判定期間中の実勢為替相場が、常にあらかじめ設定した下限相場より円安で推移した場合には、お預け入れ時の当行の通常の外貨定期預金と比べて低金利(約定利率)が適用されます。

特約付き円定期預金の場合

  • 判定日(満期日2営業日前)の当行公示仲値が、申込日に設定した「判定相場」と同一もしくは「判定相場」より円安の場合には、満期日に元利金を円のまま支払います。
  • 判定日(満期日2営業日前)の当行公示仲値が、申込日に設定した「判定相場」より円高の場合には、満期日に元金を相対通貨で支払い、利息は円のまま支払います。ただし、元金の相対通貨への交換は申込日に設定した「受渡相場」にて行われます。

みずほグローバル口座(特約付き定期預金)の預け入れ(ご利用ガイド)

ページの先頭へ