ページの先頭です

注意事項(NISA・つみたてNISA口座)

お取り引きやお手続きにあたって、以下の点にご注意いただけますようお願いいたします。

NISA・つみたてNISA口座の開設について

NISA制度では、すべての金融機関を通じて、満20歳以上の個人のお客さまが基本的におひとりさま1口座に限りNISA・つみたてNISA口座を開設いただけます(金融機関等を変更した場合を除く)。一定の手続きのもとで、金融機関の変更が可能ですが、金融機関の変更を行い、複数の金融機関で口座を開設した場合でも、各年において1つの口座でしか公募株式投資信託等を購入することができません。また、口座内の公募株式投資信託等を変更後の金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更しようとする年分の非課税投資枠を利用していた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。

みずほ銀行では、NISA制度を利用して購入できる金融商品のうち、公募株式投資信託のみ取り扱います。

みずほ銀行では、NISA・つみたてNISA口座の開設にあたっては「投資信託総合口座」が必要です。

NISAとつみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用は受けられません。原則として暦年単位で変更いただけます。

NISA・つみたてNISA口座による購入・募集について

「つみたてNISA」を利用した積立契約は資産運用ロボ「SMART FOLIO」からお申し込みいただけます。
みずほダイレクト[インターネット/テレホンバンキング]では取り扱っておりません。

NISA口座における購入・募集(NISA口座の限度額の使用)は、いただいた注文の約定日を基準に当行にて定めた順に行います。このため、いただいた注文の受付順とは異なる順序で非課税口座の限度額を使用される場合があります。 また、以下の事由によりNISA口座の限度額が使用される場合があります。

  • NISA口座でご購入された投資信託の分配金再投資
  • NISA口座で定期買付をしている積立投信
  • 今回お申し込みいただくご注文以外のNISA口座でのご購入

上記理由によりNISA口座の限度額が使用されたことにより、受付したご注文がNISA口座による購入と限度額を超過した金額分の課税扱いでの購入に分かれる場合があります。超過した金額分の課税扱いでの購入は、お客さまの特定口座のお申込状況、投資信託のお預かり状況、受付したご注文の状況により、特定口座もしくは一般口座で購入を行います。

NISA・つみたてNISA口座でお預りしている投資信託の解約・買取について

非課税期間中の換金(解約・買取)は自由に行うことができますが、換金により生じた非課税枠の空き枠は再利用できません。

全部換金をご指定された場合、指定されたNISA・つみたてNISA口座または課税口座(一般口座もしくは特定口座)のお預かり分のみ全て換金します(指定されていない口座分は換金されません)。

このため、同一ファンドをNISA・つみたてNISA口座と課税口座の両方でお預かりしている場合には、それぞれのお預かり分について換金が必要となります。

NISA口座による積立投信について

すでに締結いただいている積立投信契約について、NISA口座での購入をご希望される場合には、積立投信契約をNISA口座の優先希望ありに変更する必要があります。

積立投信契約で、NISA口座の優先希望ありを指定された場合には、非課税限度額の範囲内においてNISA口座による購入を行います。

ただし、非課税限度額の上限(2016年1月以降:年間120万円まで)に達しているとき、もしくはNISA口座が未開設のときは、購入時点のお預かり状況に応じて課税口座(一般口座もしくは特定口座)での購入・お預かりとなります。

注意事項

NISA・つみたてNISA口座開設のお申し込みにあたってご注意いただきたい事項やご用意いただく書類のご説明がございます。くわしくはこちらをご確認ください。

ページの先頭へ