ページの先頭です

投資信託の買取注文(ご利用ガイド)STEP1.買取を希望するファンドを選択する

投資信託サービスの「残高照会」または「解約・買取注文」から、投資信託の買取注文ができます。買取を希望するファンドを選択し、注文してください。

投資信託の通知物を電子ファイルでお届け「電子交付サービス」申込受付中!

投資信託の買取注文の流れ

STEP1. 買取を希望するファンドを選択する

買取を希望するファンドを選択する

  • *NISA口座(非課税口座)/特定口座のお申し込み状況によって、画面の一部が異なります。

1 買取を希望するファンドを選択する

買取を希望するファンドを選択する

お持ちの投資信託の買取を希望される場合は「買取」をクリックしてください。下段には当日取扱締切時間が表示されます。

注意事項

  • *表示している基準価額は直近のものであり、実際にお取引する価額とは異なります。なお解約時の価額が解約価額となる商品もあります。解約時の信託財産留保額については「買取注文画面」でご確認ください。
  • *銀行営業日の「当日取扱締切時間(ファンドごとに異なります。)」以降のお申し込み、および銀行休業日のお申し込みは、「注文(予定)日」が翌銀行営業日になります。また銀行営業日であっても、ファンドにより海外の取引所・銀行の休業のため、「注文(予定)日」が翌銀行営業日以降になる場合があります。
  • *「解約」と「買取」の違い
    「解約」が運用会社を通して信託財産の一部を取り崩して換金するのに対して、「買取」は販売会社が受益証券を買い取ることで換金する方法です。2009年以降、個人のお客さまが、国内の契約型公募株式投資信託を換金する際の税効果の違いはありません。
解約(2008年以前) 解約(2009年以降)、買取
  • 配当所得(元本超過額)
  • 収益発生時は、元本超過額に対して10%の源泉徴収が行われる。
  • 譲渡所得
  • 収益部分の源泉徴収は原則行われない。株式等の譲渡所得と同様、申告分離課税の対象。
  • 収益発生・損失発生とも他の株式等の譲渡損益との通算が可能。

このウィンドウを閉じる

ページの先頭へ