ページの先頭です

公共債に関するご留意事項

  • 公共債とは、個人向け国債、国債、地方債、政府保証債のことをいいます。
  • 公共債は元本保証ではありません。
  • 公共債は、発行体である日本国政府・地方公共団体等の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払が滞ったり、支払不能が生じるリスクがあります。
  • 公共債は預金・金融債・保険契約ではなく、預金保険機構や、保険契約者保護機構による保護の対象ではありません。また、当行でご購入いただいた公共債は、投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。
  • 公共債を購入する場合には、手数料はかかりません(購入対価のみをお支払いいただきます)。
    • 国債のご購入後最初に到来する利払日に支払われる利子は発行日に拘わらず6ヵ月分となりますので、発行日から初期利子計算期間(6ヵ月間)に満たない場合、ご購入時に6ヵ月間の利子と発行日(既発債の場合は受渡日)から最初の利払日までの期間の利子との差額を払い込みいただきます。
  • 即発債は、販売価格・利回りを日次で変更いたします。また、販売価格がオーバーパー(100円超)の場合、払込金額が償還金額(=額面金額)を上回ります。
  • 個人向け国債は、発行から1年間、中途換金できません(ただし、特例として保有者ご本人が亡くなられた場合、または保有者が災害救助法の適用となった大規模な自然災害により被害を受けた証明書類を提出した場合は、上記期間内でも中途換金できます)。中途換金にあたっては、中途換金調整額は「直近2回分の利子(税引前)相当額×0.79685(最大)」)のお支払いが必要です。
    ただし、当行では、利払日9営業日前から利払日前営業日まで、および償還日9営業日前から償還日前営業日までの期間は中途換金の約定はできませんので、ご注意ください。
  • 個人向け国債以外の国債、地方債、政府保証債の価格は金利の変動等により上下しますので、償還前に売却される場合には投資元本を割り込むことがあります。
  • 一度約定した取引の取り消し・条件変更は原則できません。
  • 店頭に説明書(契約締結前交付書面兼商品概要説明書)をご用意しております。

(2017年10月5日現在)

このウィンドウを閉じる

ページの先頭へ