ページの先頭です

電子署名付き電子メールの確認方法(Windows Mailの場合)

  1. 電子署名付き電子メールを受信すると、セキュリティのヘルプ画面が表示されます。
    続行ボタンをクリックしてメールを開きます。
    操作イメージ図
  2. 新しく開いたウィンドウの“デジタル署名者”欄が、「mailnews@e–mail.mizuhobank.co.jp」または「e–dmnews@e–mail.mizuhobank.co.jp」となっていることを確認します。 操作イメージ図
  3. “証明書の表示”ボタンをクリックします。
    「証明書の表示」ウィンドウの“署名の証明書”をクリックします。
    「デジタルIDのプロパティを署名中」ウィンドウで、「発行先:Mizuho bank, Ltd.」および「発行元:Symantec Class 3 Organizational CA–G2」と表示されていることを確認します。
    操作イメージ図
  • *「セキュリティ警告」が表示されたときは?
    「続行」ボタンをクリックしたときにセキュリティ警告の画面が表示された場合、そのメールは送信元アドレスが偽られている、あるいはメッセージが改ざんされているなどの問題があります。
    このような警告が表示された場合、メールの内容は信頼できません。

    セキュリティ警告画面

  • *上記は、電子証明書の発行元が「Symantec Class 3 Organizational CA–G4」の画面例です。
ページの先頭へ