ページの先頭です

「みずほe–ビジネスサイト」におけるインターネット通信で使用する暗号化形式「SSL 3.0」の使用について

インターネット通信で使用する暗号化形式「SSL 3.0」に脆弱性が発見され、「SSL 3.0」を使用している場合、悪意の第三者からの攻撃により通信の一部が第三者に漏えいする可能性があることが報告されています。

みずほ銀行では、「みずほe–ビジネスサイト」において、「SSL3.0」による通信を無効化する対応を2016年10月17日 月曜日に実施いたしました。
「SSL3.0」を利用したサービスの利用ができなくなっておりますので、脆弱性の影響を受けない暗号化形式である「TLS」に設定を変更いただきますようお願いします。

推奨するブラウザの設定手順につきましては、下記のとおりです。

  • (1)Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネットオプション]をクリックします。
  • (2)[詳細設定]タブをクリックします。
  • (3)[セキュリティ]の「SSL2.0を使用する」「SSL3.0を使用する」のチェックを外し、「TLS1.0を使用する」「TLS1.1の使用」「TLS1.2の使用」のすべてにチェックを入れ、[OK]をクリックします。

インターネットオプション画面

<為替予約サービスをご利用のお客さまへ> Javaソフトウェア(JRE Ver.8)の設定確認方法

為替予約サービスをご利用になる前に、以下の手順でJavaソフトウェアの設定をご確認ください。

  • (1)コントロールパネルを開き、Javaをクリックします。
  • (2)Javaコントロール・パネルが開きますので、[詳細]タブをクリックします。
  • (3)[高度なセキュリティ設定]項目で、「TLS1.0を使用する」「TLS1.1を使用する」「TLS1.2を使用する」のすべてにチェックが入っていることを確認します。(チェックが入っていない場合は、チェックを入れてください)
  • (4)[OK]ボタンをクリックします。
  • (5)設定を変更した場合には、パソコンを再起動します。

Javaコントロールパネル画面

「Internet Explorer 6.0」ブラウザをご利用のお客さまへのご留意事項

「みずほe–ビジネスサイト」では、メーカー(Microsoft社)サポートの終了を踏まえ、2014年4月に、「Windows XP」OS、「Internet Explorer 6.0」ブラウザを、推奨環境の対象外とさせていただいております。推奨環境の対象外のOS、ブラウザをご利用のお客さまにつきましては、お早めに推奨環境としているOS、ブラウザへの切り替えをお願いいたします。

なお、「Internet Explorer 6.0」ブラウザをご利用のお客さまが、「SSL 3.0」を無効にしていただく場合、ブラウザの詳細設定(セキュリティ)「TLS 1.0を使用する」にチェックが入っていることをご確認いただきますよう、お願いいたします(「TLS 1.0を使用する」にチェックが入っていない場合は、チェックの入っている状態でサービスをご利用いただくよう、お願いいたします)。

ページの先頭へ