ページの先頭です

M&Aアドバイザリー業務

M&Aは、規模拡大・事業の多角化・資本の増強・事業承継等さまざまな目的で行われ、その手法も買収・売却・資本提携・合併・合弁・事業譲渡等さまざまなものがあります。
このような多様かつ複雑なプロセスがありうるM&Aは、案件全体の運営や交渉の進め方、取引ストラクチャーの構築、企業評価等において専門的な知識が必要です。
みずほ銀行は、数多くのアドバイス実績に裏付けられた経験と知識を活かし、買収・売却・リストラクチャリング等のM&Aに関する専門的なアドバイスを提供いたします。

お客さまのニーズ

  • 事業承継ニーズ
  • 事業の将来性に関する不安の解消ニーズ
  • 企業価値向上を図るための事業ポートフォリオ再構築ニーズ
  • 新規事業への参入(事業の多角化)、既存事業の拡大ニーズ
  • 競争力強化のための合従連衡、買収ニーズ 等

M&Aアドバイザーの役割

手順

  1. 1.M&A戦略立案(当行とのアドバイザリー契約締結)
  2. 2.候補先の選定・調査
  3. 3.候補先への打診
  4. 4.秘密保持契約締結
  5. 5.候補先の買収/売却スキーム策定・企業評価・分析
  6. 6.基本合意書締結
  7. 7.デューデリジェンス(買収監査)
  8. 8.売買契約書の締結
  9. 9.クロージング(受け渡し)

アドバイザーの役割

  • 企業の戦略立案に関するアドバイス
  • 対象企業選定のための情報提供・アドバイス、産業・市場・規制等に関する調査
  • 候補先への打診
  • 秘密保持・情報管理に関するアドバイス
  • 専門家(弁護士、公認会計士等)の採用に関するアドバイス
  • 企業の評価・分析に関するアドバイス
  • 取引スキームに関するアドバイス
  • 買収監査に係わる専門家の調整
  • 交渉に関するアドバイス
  • 契約書類作成に関するアドバイス
  • プレスリリースに関するアドバイス

一般的なM&Aの流れ

期間 1~3ヵ月 1~3ヵ月 基本合意の締結 1~3ヵ月 最終合意(売買)契約の締結・クロージング
フェーズ フェーズI
M&A戦略の策定と候補先への打診
フェーズII
候補との交渉
フェーズIII
実行
実施事項
  • M&A戦略の策定
    打診候補先の選定
    提示条件の策定
    企業価値算定 等
  • 候補先への打診
  • 基本条件の交渉
    取引スキーム
    スケジュール
    価格
    人事処遇 等
  • トップ面談の実施
  • (独占交渉に関する覚書締結)

基本合意内容の詰め

  • デューデリジェンス(買収監査)の実施
  • 詳細条件の最終交渉
  • 監督官庁へ届出

最終合意内容の詰め

契約 当行とのアドバイザリー契約
候補先との秘密保持契約
(覚書)・基本合意書 最終合意(売買)契約書

注意事項

  • *依頼内容によっては、お取り扱いできない場合がございます。
  • *M&Aアドバイザリー業務のご利用には、所定の手数料をいただく場合がございます。手数料はお取引内容により異なります。
ページの先頭へ