ページの先頭です

みずほ銀行のフィデューシャリー・デューティーの実践に向けた2017年度アクションプランの中間取組状況について

株式会社みずほ銀行(以下「当行」)は、<みずほ>グループの一員として、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「FG」)が定める『<みずほ>の企業理念』を採択し、同理念に定める「お客さま第一」をはじめとした5つの価値観・行動軸(みずほValue)を全ての役員と社員が共有し、フィデューシャリー・デューティー*1(以下「FD」)を全うすべく、お客さまの多様なニーズへの的確な対応や、最高水準のソリューションを提供する取り組みを行っております。
当行は、資産運用関連業務に関するFDの実践に向けた対応を強化する観点から、FGが策定した「<みずほ>のフィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」(以下「取組方針」)を採択するとともに、当該取組方針の実践に向けたみずほ銀行のアクションプラン(以下「アクションプラン」)を策定・公表しております*2。

当行は、2017年度アクションプランの中間取組状況について、新たに設定したお客さま本位の業務運営の定着状況を確認するための定量指標(KPI)を含め、別紙の通り公表いたします。なお、販売機能に関する当行のアクションプランにつきましては、グループ横断での取組状況を分かりやすくお伝えする観点から、みずほ信託銀行、みずほ証券とともにFGのウェブサイトにて公表いたしております。

今後は、PDCAサイクルの中で定量指標(KPI)の推移も含めて適切にフォローし、業務運営の改善に活かすとともに、取組状況を年度毎に公表してまいります。

以上

ページの先頭へ