ページの先頭です

手数料割引キャンペーンのご案内

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ) みずほ個人型プラン 手数料キャンペーンのご案内 2016年11月18日 金曜日~2017年4月28日 金曜日

キャンペーン期間

2016年11月18日 金曜日~2017年4月28日 金曜日

キャンペーン内容

キャンペーン対象の手数料 加入者・運用指図者の毎月の手数料のうち運営管理機関の手数料 通常毎月税込293円のところを…もれなく!6ヵ月間0円 初回掛金引落の翌月 資産移換がある場合は移換完了月のいずれか早い月から6ヵ月間が割引期間です。

【対象プラン】

2017年1月より取り扱いを開始するプラン(2016年11月よりお申し込みいただけます。)

【対象者】

以下の条件のいずれも満たす方が対象となります。

  • 2017年1月より取り扱いを開始するプラン(新プラン)の新規加入者(毎月掛金を拠出しながら、その資産の運用を行う方)、または運用指図者(掛金の拠出をせずに資産の運用のみを行う方)であること。
  • 対象期間中に、みずほ個人型プランの新規申し込みを行っていただいた方。ただし、2017年4月28日 金曜日までにみずほ銀行にて申込書類に不備がないことなどを確認できた方に限ります。(不備などの場合、書類は申し込みいただいた方へ返却し、訂正などをお願いしますが、返却は2017年4月28日 金曜日以降となることがあります。お申し込みはお早めにお願い申しあげます)

キャンペーンに関するご留意事項

  • 加入者、運用指図者の毎月の手数料のうち、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関の手数料は別途ご負担いただきます。(手数料キャンペーン対象外)
  • 2016年12月までの取り扱いプラン(旧プラン)で加入者または運用指図者の方が、2017年1月以降に取り扱いを開始するプランへ移られた場合は本キャンペーンの対象外となります。
  • 旧プランは2017年1月1日以降、新規受付を停止しますが、ご加入中の加入者・運用指図者の方は、2017年1月1日以降も年金資産の運用や加入者等向けのサービスは継続してご利用いただけます。
  • 今後予告なくキャンペーン内容を変更・中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

キャンペーン終了後の手数料や「運営管理機関」以外の手数料について(2017年1月以降)

手数料一覧
加入者 運用指図者 その他
加入時・移換時*1 毎月*2 移換時*1 毎月 給付時 還付時*3
手数料 2,777円
(初回のみ)
460円
(年間5,520円)
2,777円
(初回のみ)
357円
(年間4,284円)
432円 1,461円
内訳 国民年金基金連合会 2,777円 103円 2,777円 1,029円
運営管理機関 293円★①② 293円★②
事務委託先
金融機関
64円 64円 432円 432円
お支払方法 初回掛金より控除されます*4 毎月の掛金より控除されます*4 移換資産より控除されます*5 個人別管理資産より控除されます*5 給付金より都度控除されます*6 還付金より都度控除されます*6
  • 手数料は消費税込みです
  • 印については割り引きがあります。
  • 赤枠内キャンペーン対象

運営管理機関の手数料割引(キャンペーン終了後の割引)手数料割引の要件① 掛金引落口座にみずほ銀行の口座を指定 27円/月割引 手数料割引の要件② 確定拠出年金の専用ウェブサイトにてメールアドレスを登録し、運用サポートツール「SMART FOLIO <DC>」でGOAL(目標金額)を設定 10円/月割引 年間最大444円割引!

個人型確定拠出年金のお申し込み

スターターキット送付のお申し込み

キャンペーンに関するお問い合わせ

くわしい内容の照会、資料請求、ご相談は みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター 0120-867-401 フリーダイヤルをご利用いただけない場合 045-949-6250(通話料有料) オペレーターサービス利用時間帯 月曜日~金曜日 9時00分~21時00分/土・日曜日、祝日、振替休日 9時00分~17時00分 (12月31日~1月3日、ゴールデンウィークの一部の日およびメンテナンスの日を除く) 委託運営先 確定拠出年金サービス株式会社

iDeCo版 カンタン運用診断・サポートツール スマートフォリオ SMART FOLIO <DC>

手数料一覧に関するご留意事項

  • *1企業型確定拠出年金からの移換資産がなく新たに「みずほ個人型プラン」の加入者となった場合、および企業型確定拠出年金からの移換資産をともなって「みずほ個人型プラン」の加入者または運用指図者となった場合の手数料です。
  • *2掛金の拠出がない場合、国民年金基金連合会の手数料(103円)はかかりませんが、運営管理機関(293円)および事務委託先金融機関(64円)の手数料はかかります。その場合、掛金の拠出がなかった月の手数料については、次回以降に拠出される掛金からその月の手数料とあわせて控除されます。また、その期間が長期化しますと、未払い部分については年1回(2月)、積み立てられた資産(個人別管理資産)より控除されます。
  • *3「還付」とは、掛金の納付が認められず、掛金相当額をお返しすることをいいます。
  • *4掛金から手数料が差し引かれるため、商品の購入に充当される金額は、掛金額から手数料を控除した金額になります。また、他の確定拠出年金から資産の移換をともなって2017年1月以降に「みずほ個人型プラン」の加入者となる場合は、原則、移換資産から控除されます。
  • *5運用指図者の手数料は、前年1月から12月までの手数料が年に1回(2月)、積み立てられた資産(個人別管理資産)からまとめて控除されます。また、掛金の拠出を開始した場合には、該当月までの手数料が拠出される掛金からまとめて控除されます。他の確定拠出年金へ移換する場合および給付が発生する場合には、該当月までの手数料が移換資産または給付金からまとめて控除されます。
  • *6給付金、還付金から手数料が差し引かれるため、給付や還付で受け取る金額は、手数料を控除した金額になります。
  • *72016年12月まで取り扱いするプランにご加入のお客さまが、2017年1月以降のプランに移行される場合は、運営管理機関の手数料割引は、2017年5月以降に適用されます。
  • *8運営管理機関の手数料割引の適用は、手数料が発生する月の前月末時点の登録データをもとに判定されます。

本手数料は2017年1月1日からのものです。内容については、今後事前の周知なく変更となることがございますのでご了承ください。

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)お申し込みに関するご留意事項

  • 原則、60歳まで途中の引き出し、脱退はできません。
  • 運用商品はご自身で選択します。運用の結果によっては損失が生じる可能性があります。
  • 加入から受け取りが終了するまでの間、所定の手数料がかかります。
  • 60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受け取りを開始できる年齢が遅くなります。
  • 運用商品の配分指定をされなかった場合、毎月の掛金や移換される資産は全額「みずほDC定期預金(1年)」で運用されます。
    *インターネットやコールセンターで運用商品の見直しが可能です。
  • 積み立てられた商品の売買には、所定の日数がかかります。
    (通常3~8営業日かかります。)
  • 退職などにともない企業型確定拠出年金の加入資格を喪失した方は、6ヵ月以内にお手続きください。

SMART FOLIO <DC>に関するご留意事項

「SMART FOLIO <DC>」はお客さまのリスク許容度に応じたモデルポートフォリオにそった資産運用のシミュレーション結果をご提示するものです。「SMART FOLIO <DC>」において提示するモデルポートフォリオは、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社が金融工学の理論(現代ポートフォリオ理論等)を活用して、一定の前提のもと、みずほ銀行が正確であると判断した情報(過去の数値等を含む。)に基づき提供させていただいておりますが、将来起こりうるマーケットの変動等が網羅されているわけではなく、その正確性、確実性、完全性や将来の運用成果を保証するものではありません。

このウェブサイトは、みずほ銀行が信頼できると判断した2017年3月21日現在の諸データに基づいて作成しておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。従って、表記された制度概要や想定される主なサービス等については、今後変更となる場合があります。

(2016年11月1日現在)

ページの先頭へ