ページの先頭です

商品概要 フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド(愛称:水と大地とエネルギー)

  • *『基準価額・チャート』・『マーケット情報』は、株式会社QUICKの情報提供によるものです。

商品概要

商品分類 追加型投信/内外/株式
ファンドの特長 主として3つのマザーファンド受益証券への投資を通じて、主として世界各国の取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されているクリーン・エネルギー関連企業、ウォーター・ビジネス関連企業、食糧ビジネス関連企業の株式に投資を行ないます。
  • 3つのマザーファンド受益証券の基本配分比率は各3分の1とします。3つのビジネスの動きを示すインデックスから構成される複合ベンチマークをファンドのベンチマークとし、ベンチマークの値動きに概ね連動する運用成果を目指します。
  • ジオード・キャピタル・マネジメント・エルエルシーにマザーファンドの運用の指図に関する権限を委託します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
当ファンドに関するリスク 当ファンドは実質的に海外の株式を主な投資対象としますので、組入資産の価格の下落や組入資産の発行体等の収益性悪化および資金繰りの悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失が生じることがあります。また、為替変動により損失が生じることがあります。したがって、お客さまの投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じ、投資元金を割り込むことがあります。
手数料等 下記の「当ファンドの手数料等」をご参照ください。
購入・換金のお申し込み 原則毎営業日可(ただし海外休業日などを除く)
購入単位 店頭:20万円以上1円単位
みずほダイレクト[インターネットバンキング]、みずほダイレクト[テレホンバンキング]:1万円以上1円単位
みずほ積立投信:1万円以上1千円単位
購入価額 購入申込日の翌営業日の基準価額
換金単位 1口単位
換金価額 換金申込日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額
換金代金支払日 換金申込日から起算して6営業日目
委託会社 フィデリティ投信
信託期間 2007年10月29日より無期限
(約款所定の信託終了事由が生じた場合には、繰上償還されることがあります。)
受託銀行 三菱UFJ信託銀行
決算 年2回(2月、8月の各15日)休業日の時は、翌営業日を決算日とします。

当ファンドの手数料等

購入時から換金時までに、お客さまにご負担いただく手数料等は以下のとおりです。
下記手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
あわせて投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面、商品基本資料を必ずご確認ください。

購入時に
直接ご負担いただく費用
購入時手数料 1億円未満:3.24%(税込)
1億円以上5億円未満:2.16%(税込)
5億円以上:1.08%(税込)
換金時に
直接ご負担いただく費用
信託財産留保額 換金申込日の翌営業日の基準価額の0.2%
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用 運用管理費用(信託報酬)
(純資産総額に対して)
年率1.2528%(税込)
その他費用・手数料 監査費用、売買委託手数料等
詳細は投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面、商品基本資料をご確認ください。

みずほダイレクトでのお取り扱い

みずほダイレクトでは、インターネットバンキングとテレホンバンキングでお取り扱いが異なりますので、下記の表をご参照ください。

  インターネットバンキング テレホンバンキング
お取り扱いできる取引の種類 まる まる
  • まる:購入・換金共に可
  • さんかく:換金のみ可
  • ばつ:取扱不可
  • :該当なし

ファンドのお申し込みはこちら

みずほダイレクトをご契約済かつ投資信託口座をお持ちのお客さま

左記以外のお客さま

投資信託口座開設

投資信託ご購入にあたってのご注意事項

  • 投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません(ただし、お預かりした円資金は、信託設定前は預金保険の対象となります)。
  • 当行が取り扱う投資信託は投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。
  • 当行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については、元本の保証はありません。
  • 投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。なお、外貨建て投資信託については上記に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には、購入時手数料、運用管理費用(信託報酬)、信託財産留保額、監査費用・売買委託手数料等その他費用などがあります。実際の費用の種類・額および計算方法はファンドにより異なります。また、その保有期間・運用状況等により換金時および期中の手数料等が変動するファンドもございます。その詳細は各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」でご確認ください。
  • 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。
  • 投資信託をご購入の際は必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」はみずほ銀行の支店および出張所等(一部を除きます)の窓口にご用意しております。ただし、みずほインターネット専用投信の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」は窓口にご用意しておりません。みずほダイレクト[インターネットバンキング]の電子交付サービスによりお受け取りになり、内容をご確認ください。
ページの先頭へ
ページの先頭へ