ページの先頭です

これから資産運用を検討している方へ

今、なぜ「資産運用」が必要なのでしょう?
まずは、その必要性を認識することが第一歩です。また、資産運用を始めるにあたっては、早ければ早いにこしたことはありません。早期に始めることで安定性のある運用を目指しましょう。

資産運用の必要性について

今、なぜ「資産運用」を考えるべきなのか? それは今後ますます進む少子高齢化や公的年金への不安が大きな要因とされています。
セカンドライフにおいても、ゆとりのある暮らしを継続させるためには、そのための資金を確保することが必要になってきます。
世界屈指の長寿国である日本では、セカンドライフの期間が長くなります。期間が長くなれば、当然、より多くの資金が必要になるのです。
社会のしくみが変化していく中、高齢者の暮らしは厳しさを増すと予想され、それに応じて自分の資産は自分で守り、増やす、自助努力が必要になってくるのです。

早いスタートが大切です

これからの人生の資金を無理なく確保するには、早期に資産運用計画を立てることが重要となるでしょう。
早く始めれば、それだけ資産の目減りを防ぎ、大きく増やすことができる可能性が広がるのです。
ひとつの例として、複利運用で考えてみましょう。複利運用は、一定期間の利息が元本に上乗せされて再投資され、利息が利息を生んでいくというしくみになっています。そのため、スタート時期が早ければ早いほど、賢く資産を運用できるのです。
また、早期に始めることにより、投資先を分散して長期間運用することで、リスクを減らし、より安定性のある運用を目指す、長期分散投資も可能になります。
結婚、出産、お子さまの学費、住宅の購入、そしてセカンドライフまでを視野に入れると同時に、不慮の事故や病気に備えるためにも、早期からの資産運用が大切になってきます。

資産運用をはじめる前に

  • 生涯でかかるお金
  • 資金の持つ性質
  • 資産運用のポイント

投資信託のしくみから特徴、リスク、コストまで。投資信託の基礎をわかりやすく説明します。

取り扱いファンドや基準価額一覧、投資信託の各種ランキングをご案内します。

毎月一定金額を継続して自動購入。
月々1千円からできる投資信託です。

個人のお客さまのみを対象に国が発行する債券。

ドルやユーロ等の外国通貨でのお取引。

投資信託(みずほマネープランセット対象商品)・外国債券(金融商品仲介)と同時申し込みで、初回円定期預金金利(3ヵ月もの)におトクな金利が適用されます。

退職金のお預け入れで、円定期預金の金利がおトクに。

  • *上記商品には、元本割れなどのリスクや手数料などのコスト等商品性にかかわる注意点がございます。

お電話での資産運用のご相談は、下記資産運用相談デスクへ

お申し込み・ご相談

お気軽にお近くのみずほ銀行、または、お電話でご相談ください。

専門のスタッフが承りますので、はじめて資産運用をお考えの方、キャンペーンについてくわしくお聞きになりたい方など、ぜひご相談ください。豊富な金融商品・サービスをもとに、みなさまの大切な資産の運用をサポートします。

窓口でのお申し込み・ご相談

ATM・店舗のご案内

電話でのお問い合わせ

みずほインフォメーションダイヤル

資産運用相談デスク 0120-3242-86 4# 海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は042-311-9210 4#(通話料有料) 受付時間 月曜日~金曜日 9時00分~17時00分 *12月31日~1月3日、祝日、振替休日を除く

資産運用相談デスクのご案内

各種サービスログイン

  • みずほダイレクト
  • キャッシュカードでかんたん残高照会
  • みずほマイレージクラブ会員さま専用ホームページ
  • 宝くじ購入

ATM・店舗のご案内

窓口混雑状況照会

金融機関コード:0001

ページの先頭へ
ページの先頭へ